読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルガモス@オボンのみ

前にホズの実を持たせたウルガモスを紹介しましたが、( http://boko27.hatenablog.com/entry/20120930/1349176733 )

鉢巻ハッサムの減少、ローブシンの空元気なども消えたため、発動する機会が少なく無駄になってしまうケースが増えてきてしまいました。

そこで、同じような動きが出来て汎用性をあげたオボンのみガモスを考えてみました。

基本的に、ホズガモスの時にあげた対峙する相手に対しては同じ動きが出来ます。

 ウルガモス

 

 性格:控えめ 持ち物:オボンのみ

技構成:大文字or火炎放射 めざ氷 蝶の舞 虫のさざめきorギガドレイン

個体値:V×UVVV(めざめるパワー氷)

実数値:174-*-93-182-125-152 努力値:108-0-64-84-0-252

 HP偶数でステロからオボンのみ発動

【被ダメージ】

・補正ありA252振りガブリアスの逆鱗確定耐え(83.3%~98.8%)

・補正なしA252振り鉢巻カイリューの神速

 オボン確定発動で確定2耐え( 51.7%~61.4%)

・補正ありA252振りカイリューの1舞ジュエル神速

 (割合: 85%~100.5%)

・補正なしA252振り命の珠カイリューの地震+神速

 (地震56.8%~67.2%)(神速45.4%~54%)

 最大乱数2連引き(67.2+54=121.2%)オボン確定発動確定耐え

・命の珠C252振りラティオスの流星群超高乱数以外耐え (85.6%~101.7%)

 珠ラティの流星はオマケなので確定耐えにはしませんでしたが、確定耐え調整する場合はCからDに20振れば大丈夫です。

今回はカイリューなどへのめざ氷の数値がいっぱいいっぱいで本来の動きをするにはこれ以上落としたくなかったためDへの20振りは見逃しました。

オボンがあることで逆鱗を耐えてめざ氷で処理し、裏から出てきたハッサムのバレパンを耐えたりすることも出来ます。

他にも補正なしA無振りユキノオーの岩雪崩+礫+霰ダメ2回を耐えるなど、オボンにより耐える場面は色々あります。

オボンがあるので当たり前ですが、意地ガブの逆鱗耐えにしているため意地マンムーの地震+礫も同時に耐えるようになっています。

 

・追記

 VS 

ウルガモスミラーについて

炎のジュエル、こだわり眼鏡持ち、めざめるパワー岩のウルガモスミラー以外ならかなり安定することが分かりました。

お互い舞、先に相手が攻撃した場合、(①先制で文字)を受けてもそのターンで1舞、次ターンでもう1舞した場合、(②後攻で文字)を喰らっても耐えることが出来ます。

 

・防御面 控えめC252振り相手の場合

(①63.7%~75.8%)→オボンのみ確定発動

(②32.7%~38.5%)=最高乱数2連引きで114.3% 

 オボンのみで125%までのため確定耐え

 

・攻撃面  H100D156振りの相手の場合

 2舞後C84文字で( 97.6%~116.1%)高乱数1

 

このように防御面攻撃面に幅広い調整の相手を設定し、同速負けをしたとしてもかなり有利であることが分かります。

 

・両者最後まで積み続けた場合

控えめCS252相手だと同速負けで負け

控えめH100D156S252相手だと文字が(53.4%~62.6%)

オボン込みで体力が125%のため最高乱数2連引き&同速負け以外勝ち

臆病(S負け)C252相手だと相手の文字が(58.6%~68.9%)を2回受けで(117.2%~137.8%)体力がオボン込みで125%のため約61%で負け

 

このように負けてしまう場合はあるもののかなり極端?なダメージ計算をしても勝てる場面が多いことが分かります。

少し複雑なダメージ計算をしたため間違っている箇所があったら教えて頂けるとありがたいです。